スポンサードリンク
   


自宅の屋上でバーベキューをするには?


自宅の屋上でバーベキューをするにはどのようにすればよいでしょうか?

近頃では2,3階建てで屋上付の新築住宅が増えてきましたね。
特に3階建てのお住まいは多くみられるようになってきました。
屋上の活用方法は様々ですが、当然BBQをしない手はありません。
では、自宅の屋上でBBQをする際の注意点はどのようなものでしょうか?

屋上の防水はアスファルトシートやコンクリート(またはモルタル)、
塗料、シリコン等ので施工されていますがその上で火を燃す
前提で作っていないのがほとんどです。
炭火でBBQをした場合、飛び火で防水加工が傷む危険性があります。
屋上の床面に直接、BBQコンロや七輪を設置するのはおすすめできません。

床面に防炎性の保護シートを敷いてからコンロなどの設置をしましょう。

七輪を床面に置く場合は厚みのある木の板(15o〜20mm程度)や
コンクリートブロック、レンガを敷いてください。
ホームセンターで売っているデッキ材が便利です。
必要な面積分をつなぎ合わせて使用できます。いろんなデザインやタイプが
ありますから、お好みで選ぶとよいでしょう。

七輪の底は思った程、熱くならないのですが、大切な屋上の
床面に損傷があっては困りますからね。
屋上は風がよく通ります。炭火を使う場合は火の粉の
飛散に十分気を付けましょう。
風の通りや向きを考えてコンロの設置をするか、風よけ対策をしてください。
前もって天気予報で風の強やお天気を調べておく事が大切です。

自宅の屋上でのBBQの段取り(準備)の時にとても役に立つのが
バケット(スーパーマーケットのカゴ)です。
屋内の1階や2階からの移動時に片手で持てますから安全です。
それに一度にたくさんの物を運べます。是非、試してみてください。

屋上BBQでのおすすめコンロは、【七輪】ですね。
なんといってもコンパクトなので場所をとりません。
設置場所にも困ることはあまりないと思います。
それに火力が強く、火加減の調節も容易です。
備長炭などの高級な炭を使えば火の粉の飛びもありませんし、
長時間バーベキューを楽しめます。

屋上BBQに限ったことではありませんが、火消壺を用意しておきましょう。
消し炭を作っておけば、次回のBBQの時に火お越しが早く、簡単になります。
自宅にはひとつは置いておきましょう。
また、バケツに水を入れて用意しておくと便利です。

お手軽にバーベキューを楽しむのであれば
【ホットプレート】を使ってみてはいかがですか!(^^)!
火の粉の心配はありませんし、準備や後片付けも簡単です。
油分の多い食材を使用する時は床面にシートを敷いておきましょう。
汚れ防止になりますし、防水加工の床面は意外と滑りやすいものです。


日中の自宅での屋上バーベキューは紫外線対策も必要です。
屋上なので日よけのターフやシェードネットの設置は難しいです。
それにせっかくの解放感が無駄になりますね。
UVカットのスキンクリームなどを活用して日焼け対策をしましょう。
目の保護にサングラスもよいと思います。

夕方から夜にかけてBBQをする場合は照明の準備もお忘れなく!

楽しいバーベキューですが屋上は声もよく通りますから
ご近所の迷惑にならないように気をつけましょうね!

どうですか?
自宅で、しかも屋上でBBQ!
是非、してみましょう!!!



















    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。